ベトナム国籍の女性強盗殺人事件 被害者の夫が語る胸の内

ことし4月、大阪・淀川区で起きた事件で殺害されたベトナム国籍のヴォ・ティ・レ・クインさん(31)。
現場となった建物の1階に入る弁当店でアルバイトをしていました。
逮捕・起訴されたのは、弁当店の上の階に住む59歳の被告。
首を絞められて殺害され、現金およそ2万6000円を奪われました。
事件から2か月余り。
亡くなったヴォさんの夫が2人で暮らした自宅で初めて、苦しい胸の内を語りました。