羽曳野 マンホールの蓋が陥没 車2台パンク被害 原因調査へ

14日朝、大阪・羽曳野市の市道でマンホールの蓋が陥没し、走行中の乗用車2台のタイヤがパンクする被害が出ました。
羽曳野市が陥没の原因を詳しく調べることにしています。

14日午前7時半すぎ、羽曳野市古市の市道にある直径60センチのマンホールの蓋が深いところでおよそ30センチ陥没しているのが見つかりました。
羽曳野市によりますと、陥没したところに走行してきた乗用車2台のタイヤが落ち込み、パンクする被害が出たということです。
これによるけが人はいませんでした。
陥没した場所は一時、片側交互通行になりましたが、およそ4時間後にはアスファルトで埋める補修作業が完了したということです。
羽曳野市は、陥没した原因を詳しく調べることにしています。