熊野那智大社で「紫陽花祭」 無病息災を祈願

世界遺産に登録されている和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社で、無病息災を祈願する「紫陽花祭(あじさいまつり)」が行われました。

「紫陽花祭」は、熊野那智大社の境内に植えられたおよそ2000株のあじさいが見頃を迎えるこの時期に毎年、行われています。
14日は、神社の拝殿に青と紫の色鮮やかに咲いたあじさいが供えられたあと、宮司が祝詞をあげて無病息災を祈りました。
そして、あじさいの花のかんざしをつけたみこたちが自然の恵みに感謝する舞を奉納しました。
熊野那智大社の男成洋三 宮司は「新型コロナの感染もだいぶ落ち着いてきたが、まだまだ厳しい世情が続いている。あじさいが咲くようにみなさんが健やかで栄えあるようにお祈りしました」と話していました。
熊野那智大社のあじさいは今月(6月)下旬まで楽しむことができます。