シカ駆除で猟銃の弾当たった男性死亡

11日午前、京都府綾部市の山中でシカなどの駆除を行っていた猟友会のメンバーの男性に猟銃の弾が当たり、男性は病院へ搬送されましたが、その後死亡しました。警察はほかのメンバーが撃った弾が当たった事故とみて安全管理に問題がなかったかなどいきさつを詳しく調べています。

11日午前9時半すぎ綾部市佃町の山あいの地域で「狩猟中に男性1人が誤って撃たれた」と猟友会のメンバーから消防に通報がありました。
警察によりますと、猟友会のメンバーで綾部市の農家、梅原久夫さん(66)が左脇付近を撃たれていて、病院に搬送されましたが、およそ6時間後に死亡しました。
当時、市の委託を受けた猟友会のメンバーおよそ20人がシカやイノシシなどの害獣を駆除するため、現場付近に入っていたということです。
警察の調べに対してメンバーの1人が「シカと間違えて撃ってしまいました」と話しているということで、安全管理に問題がなかったかなどいきさつを詳しく調べています。