高槻市の淀川に遺体 京都 宇治川で不明の男児か

大阪・高槻市の淀川で、10日、子どもとみられる遺体が見つかりました。
警察は、身長や服の特徴から、今月5日に京都市の宇治川で流されて行方不明になっている小学生とみて、身元の確認を進めています。

10日午後4時ごろ、大阪・高槻市東上牧の淀川で、「川でうつ伏せで亡くなっている人がいる」と釣りをしていた男性から警察に通報がありました。
警察が確認したところ、川の中から子どもとみられる遺体が見つかり、身長は1メートル60センチほどで迷彩柄の半ズボンを履いていたということです。
警察は、身長や服の特徴から、今月5日に京都市伏見区の宇治川で流されて行方不明になっている、11歳の小学6年生の男子児童とみて、身元の確認を進めています。
宇治川はほかの川と合流して淀川につながっていて、遺体が見つかった場所は、行方が分からなくなった付近から直線距離でおよそ11キロ離れています。