羽曳野 水道管破損で周辺の道路冠水 住宅など断水

26日午後、大阪・羽曳野市で地中の水道管が破損し、周辺の道路が冠水しました。
付近の住宅などで断水しているということで、復旧作業が行われています。

警察によりますと、26日午後2時20分ごろ、羽曳野市野々上の道路で、「水が漏れている」と通りかかった男性から通報がありました。
周辺の道路が数十メートルの範囲で冠水していて、市や警察が調べたところ、地中の水道管が何らかの原因で破損し、水が漏れ出していたということです。
市によりますと、午後5時の時点で、付近の住宅など100軒余りで断水しているということです。
羽曳野市では復旧作業を急ぐとともに、水道管が破損した詳しい原因を調べています。

【近くの人は】。
近くで仕事をしていた50代の建築業の男性は、「電話をしていたら水が噴き出ているのに気付きました。音はなく水がちょろちょろと出続けていました」と話していました。
また、近くのグループホームにいた70代の職員の女性は、「水が出ているのを見て市役所に通報しました。よく通る場所なので、驚きました」と話していました。