明石 砂浜陥没 女児死亡から20年 市長らが現場で献花

兵庫県明石市で突然、陥没した砂浜に埋まった女の子が亡くなってから26日で20年となり、市長らが現場で花を手向けて、市民の安全を守っていくことを誓いました。

平成13年12月、明石市の「大蔵海岸」で、父親と遊びに来ていた当時4歳の金月美帆ちゃんが突然、陥没した人工の砂浜に埋まり、5か月後の5月26日に亡くなりました。
20年となった命日の26日、砂浜を管理する明石市の泉房穂市長や市の幹部職員10人が現場を訪れて花を手向け、美帆ちゃんの死を悼みました。
この事故は、堤防の下に設けられたゴム製のシートに亀裂が入り、砂が海に流出して崩れたことが原因で、現場の海岸では以前から同じような陥没が相次いでいたのに、十分な対策を取らなかったとして市の担当者など4人が業務上過失致死の罪に問われ、全員の有罪が確定しています。
事故のあとに市役所に入った職員は全体の半数を超え、明石市は事故の風化を防ぐため、毎年、新たに採用された職員の研修を続けています。
泉市長は、「遺族の悲しみに終わりがないように、市の責任にも終わりはなく、市民の安全を守ることが行政の努めだと思います。気になることを漫然と放置せず、市民の命に関わることには全力を尽くしていきます」と話しました。