みかんジュースをブランドに 有田市で審査会

全国有数のみかんの産地和歌山県有田市で品質がすぐれたみかんジュースを市のブランドに認定する審査会が開かれました。

この審査会は、有田産の温州みかんで作られたジュースのブランド力を高めようと毎年行われていてことしは市内の農家などが出品したみかんジュース14品が審査を受けました。
審査では、ソムリエや飲食店の経営者など7人がワイングラスに注がれたみかんジュースを試飲し、味や香り、それに総合評価の3つの項目で採点しました。
審査の結果、出品された14品のうち13品が合格したということで審査会の平野祐委員長は「ことしのジュースは例年に比べ、いつもより糖度が高く、非常においしかった。お子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで楽しんでもらえるジュースになっていると思います」と話していました。
合格したみかんジュースには認定されたことを示すシールが貼られ、市の公式オンラインショップなどで販売されるほか、ふるさと納税の返礼品としても活用されるということです。