神戸 マスク着用言われ暴行 相手に大けが 執行猶予付き有罪

おととし、神戸市で、マスクを着けるよう言われたことに腹を立て、相手に暴行を加え大けがをさせた罪に問われた被告に、裁判所は執行猶予の付いた有罪判決を言い渡しました。

神戸市の運送業、渡邊竜太被告(25)は、おととし5月、神戸市兵庫区の駐車場で、近くに住む60代の男性からマスクを着けるよう言われたことに腹を立て、暴行を加え両手と両足にまひが残る大けがをさせたとして、傷害の罪に問われました。
これまでの裁判で検察は懲役5年を求刑し、被告側は「正当防衛のつもりだった」などと主張していました。
17日の判決で神戸地方裁判所の西森英司裁判官は、被告に格闘技の経験があることや被告に比べて被害者が小柄で高齢だったことなどを踏まえ、正当防衛などとする主張を退けました。
そのうえで、「被害者にどなられたことがきっかけとはいえ、くむべきものは乏しい」と指摘しました。
一方で、反省の態度を示しているなどとして懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡しました。
判決のあと、西森裁判官は「被害者が一方的にけがを負ったことに対して、しっかり責任を取るようにしてください」と諭していました。