長浜 無人で作業 自動田植え機の実演会

農家の担い手不足や高齢化が課題となる中、滋賀県長浜市で、無人で作業ができる自動田植え機を農家に紹介する実演会が開かれました。

実演会は、最先端の技術で効率化を図る「スマート農業」を推進しようと長浜市が地元のJAなどと開いたもので、市内の田んぼには農家やJAの関係者など30人余りが集まりました。
自動田植え機には、位置を確認するGPSと障害物を検知するセンサーが取り付けられていて、事前に田んぼの形を登録するとその形に沿って苗を植え付け、障害物があれば自動で止まります。
きれいな四角形ではない田んぼでも、苗の数を自動で調整することで端まできれいに植え付けることができ、人が乗る田植え機より作業の精度は高いということです。
JAレ−ク伊吹の職員で、農家も営んでいる男性は「思っていたよりも精度が高いと思いました。田植えは2〜3人が1組でやることが多いのですが自動田植え機を導入すれば1人分は労力が減らせそうです」と話していました。
また、長浜市農林政策課の尾崎栄治課長は「こうしたスマート農業で効率的に農業ができることを若い人たちに伝え、新たな担い手を増やしていきたい」と話していました。