小学生兄弟放火殺人事件 逮捕の伯父 両親不在を待ったか

今月19日、兵庫県稲美町で住宅が全焼し、小学生の兄弟が死亡した火事で、火が出たのは、両親がともに家からいなくなった直後だったことから、警察は、逮捕された伯父が両親が不在になるのを待って火をつけた可能性があるとみて捜査しています。

今月19日の夜、兵庫県稲美町の住宅が全焼し、小学6年生の松尾侑城さん(12)と、小学1年生の眞輝さん(7)の兄弟が死亡しました。
現場に油のようなものがまかれたあとがあったことから、警察は事件として捜査を進め、伯父の松尾留与容疑者(51)を24日夜遅く、殺人と放火の疑いで逮捕しました。
調べに対して容疑を認めているということです。
兄弟の父親は、仕事を終えた母親を迎えに行くために午後11時半ごろに車で家を出ていて、火が出たのはその直後でした。
このため警察は、逮捕された伯父が両親が不在になるのを待って、火をつけた可能性があるとみて事件にいたる詳しいいきさつを捜査しています。

【逮捕された伯父とは】。
逮捕された松尾容疑者は、もともと実家だった現場の住宅で妹夫婦の家族と生活していました。
登記簿によると現場の土地を平成18年に相続しています。
ところが、近所の人たちは松尾容疑者を見かけることは少なかったと話しています。
近所の男性などによりますと、数十年前は、近くにあった繊維関係の企業の事業所に勤務していたということで、当時、会話したときは真面目な印象だったと話しています。
その企業は、およそ20年前に破産し、なくなっています。
松尾容疑者はその後、大阪で暮らしていましたが、数年前に実家に戻ってきたということです。
仕事はしていなかったとみられています。
捜査関係者によりますと、一緒に暮らす家族とはほとんど顔を合わせずに生活していたということです。