駅伝コースに車 男を書類送検へ

駅伝コースに車 男を書類送検へ

先月京都で行われた全国高校駅伝で、交通規制をしていた警察官の指示に従わず車でコースを横切ったとして、警察は運転していた60代の男性を、14日にも道路交通法違反の疑いで書類送検する方針です。

先月20日、京都で行われた全国高校駅伝の女子のレースで、最終5区の3キロを過ぎた付近で、一般の車がコースに進入し、選手が接触を避けて走る事態になりました。
けが人はいませんでした。
捜査関係者によりますと、車を運転していたのは京都市西京区に住む60代の男性で、交通規制を行っていた警察官の指示に従わずコースを横切ったとして、警察は14日にも道路交通法違反の疑いで書類送検する方針です。
駅伝大会で交通規制に従わなかったとして、ドライバーが書類送検されるのは、異例です。
警察の調べに対し男性は、容疑を認めたうえで、「ランナーの間に距離があり、大丈夫だと思った」などと話しているということです。