大阪府 飲食店支援18日開始

大阪府は、新型コロナウイルスの影響で、厳しい経営が続く府内の飲食店を支援するため、一定の条件を満たしている店を利用した人に、2000円分のポイントを還元する支援策を、18日から開始することを発表しました。

大阪府は、府内の飲食店への独自の支援策として、一定の条件を満たしている店を利用した人に、2000円分のポイントを還元する支援策の実施を決め、このうち、先月、営業時間の短縮などを要請したミナミの飲食店の利用者には大阪市が上乗せし、最大で4000円分を還元する方針です。
この支援策について、大阪府の吉村知事は16日の記者会見で、18日から開始することを発表しました。
府の感染防止宣言ステッカーとコロナ追跡システムを掲示している店の利用者のうち、指定のグルメサイトから総額で5000円以上のメニューを4人以下で事前に予約するなどした場合にポイントが還元されます。
また、実施にあたっては、店内の換気や消毒が徹底されているかや、パーティションの設置が適切かどうかなどを確認することにしています。
ポイント還元は、ことしの12月末まで実施する予定で、吉村知事は、「大阪の魅力である飲食店を支えたい。見回りで改善を指導することで、十分な感染防止の対策を取っている店の数を増やしていきたい」と述べました。