観光農園で桃狩りにぎわう

滋賀県竜王町の観光農園で桃が旬を迎え、大勢の家族連れなどが朝から訪れ、桃狩りを楽しんでいます。

滋賀県竜王町にある「道の駅アグリパーク竜王」では、旬の味覚を楽しんでもらおうと、7月から観光農園で桃狩りを始めました。
農園では、「清水白桃」や「長沢白鳳」など9品種が栽培され、訪れた家族連れなどは、色づいたほどよい固さの桃を見つけると手でもぎ取り、その場で皮をむき味わっていました。
この農園では、列に並ぶことによる密集を避けるため、3日前まで200人の予約を受け付けているほか、アルコール消毒の徹底を呼びかけています。
また、ふだんは店内で売っているフルーツも、店の外のテントで販売しています。
京都市と兵庫県西宮市から来たいとこどうしの小学生の女の子3人は、「甘くておいしいです。初めての桃狩りで、桃がもっと好きになった」と話していました。
この観光農園の桃狩りは、8月中旬まで楽しめるということです。