各地で30℃超 熱中症に注意

きょうの近畿地方は広い範囲が高気圧に覆われ、午前中から各地で気温が30度を超える厳しい暑さとなっています。
気象台は、京都府と奈良県、和歌山県に高温注意情報を出し、熱中症に注意するよう呼びかけています。

近畿地方はきのう、気象台が梅雨明けしたと見られると発表し、きょうは高気圧に覆われておおむね晴れています。
気温は午前中から各地で30度を超え、午前11時半までに観測した最高気温は、和歌山県の田辺市の栗栖川で32.9度、京都市で32度、堺市で31.8度などとなっています。
日中の最高気温は、京都市と奈良市で35度、和歌山市で34度、大阪市、大津市で33度、神戸市で32度などと予想され、気象台は、京都府、奈良県、和歌山県に高温注意情報を出しています。
気象台は、冷房を適切に使い、家の中などでも高齢者や乳幼児などは水分をこまめに補給し、汗を多くかいたときは塩分も補給するなどして、熱中症に十分注意するよう呼びかけています。
また強い日ざしの影響で、午後は大気の状態が不安定となり、雨や雷雨となるところがあるということです。