大阪市長 難病患者の尊厳議論を

難病、ALSを患う女性を医師2人が薬物で殺害したとされる嘱託殺人事件に関連して、日本維新の会の代表を務める大阪市の松井市長は、28日記者団に対し、「人の尊厳についての議論が国会で進んでいないのは政治家の不作為だ」と述べ、難病患者の尊厳などをめぐる議論を国会で深めるべきだという考えを示しました。

この中で、松井市長は、ALSを患う京都市の女性を、医師2人が薬物で殺害したとされる嘱託殺人事件に関連して、「これまでも何件かこうした事例があったにもかかわらず、国会で議論がなされてこなかった。まさに、このことが政治家の不作為だ。事実を真正面からとらえて、人の尊厳や生き方について議論がなされるべきだ」と指摘しました。
そのうえで、「難病を患う人たちが、どういう気持ちで長年生きてきたのかは、本人にしかわからない。見て見ぬふりをするのではなく一人ひとりの声に寄り添って議論を深め、法整備などを進めることが政治家の役割だ」と述べ、難病患者の尊厳などをめぐる議論を国会で深めるべきだという考えを示しました。