大阪市 同性カップルなど認定

大阪市は、同性愛の人など「LGBT」と呼ばれる性的マイノリティーの人たちを支援しようと、同性のカップルなどを結婚に相当する関係と認める制度を、9日から始めました。

大阪市が導入したのは、同性愛の人や、心と体の性が一致しない人など、性的マイノリティーのカップルを結婚に相当する関係と認める「LGBTパートナーシップ宣誓証明制度」です。
大阪市役所で行われた交付式には、3組のカップルが参加し、「互いをその人生のパートナーとする」と記された宣誓書に署名したあと、吉村市長から受領証を受け取りました。
このうち、大阪・北区の弁護士の南和行さん(41)は、「今までは、自分が同性愛者であることを世間は許してくれないと思い、社会との距離感があった。やっと社会の仲間入りが出来たという思いです」と話していました。
また、同じく弁護士で、南さんのパートナーの吉田昌史さん(40)は、「最終的にはLGBTという言葉もなくなり、性別を誰も気にしない世の中に変わってもらいたいです」と話していました。
大阪市では、カップルのひとりが大阪市以外で暮らしている場合でも、受領証を発行することにしていて、家族向けの市営住宅の提供など支援を行う方針のほか、家族割引などの民間のサービスも受けられるよう、企業に働きかけていくことにしています。
制度の導入は、東京・渋谷区や、兵庫県宝塚市などに続いて全国で8番目です。