高校改修めぐる県庁談合事件 贈賄側に執行猶予つき有罪判決

県立高校の改修工事の入札をめぐり、工事の予定価格を教えてもらう見返りに、県の職員にスポーツの観戦チケットを渡したとして、贈賄などの罪に問われている、土木建築業者に対し、広島地方裁判所は、「入札の公正を害した」として、執行猶予のついた有罪判決を言い渡しました。

東京・千代田区に本社がある土木建築業者「増岡組」の副部長だった島津江修被告(55)は、おととし行われた県立高校の改修工事についての一般競争入札で、県の建設産業課の主査で加重収賄などの罪に問われている曽根田英一被告(49)に、工事の予定価格を教えてもらう見返りとしておよそ12万円相当のスポーツの観戦チケットを送ったとして、贈賄などの罪に問われています。
23日の判決で、広島地方裁判所の石井寛裁判長は、「自社の利益を大きくするために入札の予定価格を聞き出し、この情報を利用して、ほぼ同額で落札していて入札の公正を害している。また、曽根田被告から求められたわけではないのに社内でも特別なものとされるチケットを渡した」などと指摘し、懲役1年6か月執行猶予3年の判決を言い渡しました。