G7広島サミットへ 企業や団体などが「クリーンアップ運動」

G7広島サミットを前に、訪れる人たちを歓迎する機運を高めようと、県内の企業や団体などが清掃活動を行う「クリーンアップ運動」が24日から始まりました。

24日の清掃活動には、企業の従業員や商工会議所の職員などおよそ100人が参加し、広島市中区の広島商工会議所ビルや平和公園の周辺で清掃を行いました。
参加者はG7広島サミットを前に、訪れる人たちを歓迎する機運を高めようと、G7サミットのロゴマークや「クリーンアップ運動」と書かれたのぼりを掲げながら、作業用手袋をつけて、落ち葉や空き缶、ペットボトルなどを拾い集めていました。
県民会議の副会長を務める広島商工会議所の池田晃治会頭は「G7の首脳が広島に集まるので、きれいな街だと世界にアピールしたいし、ごみの少ないことを世界に誇っていきたい」と話していました。
「クリーンアップ運動」には、これまでにおよそ160の企業などが参加していて、24日からG7広島サミット開催直前の来月17日まで、会社の周辺などで清掃活動を行う予定です。