G7広島サミット 県民会議のロゴお披露目

来年5月のG7広島サミットを支援する「広島サミット県民会議」のロゴが完成し、デザインを手がけた高校生たちによってお披露目されました。

広島サミット県民会議のロゴは、委託を受けて広島市中区にある基町高校の創造表現コースの2年生、5人がデザインしました。13日は生徒らが広島市役所を訪れ、県民会議の副会長を務める松井市長とともにロゴが書かれたパネルを披露しました。生徒たちはロゴのデザインについて、平和の象徴であるハトが、広島から世界へはばたいていくという思いをこめたことや、県内の23の市と町をイメージして、23枚の折り紙を取り入れたことなどを説明しました。松井市長は「皆さんからの説明を聞き、チームワークよくこの作品ができたと思う。サミットや広島の平和について勉強して、これからの人生に役立ててもらいたい」と述べました。
このロゴは県民会議のポスターなどに掲載されて、G7広島サミットをPRする役割を担います。ロゴを制作した生徒の1人、清原結香さんは「広島の方々の心をひとつに、平和な明るい未来へ飛び立ってほしいという思いを込めました」と話していました。