広島駅北側 エキキタパークがオープン

JR広島駅の北側にスポーツ用のコートや芝生の広場を併設した施設、「ekieエキキタパーク」がオープンしました。

この施設は、広島市東区のJR西日本広島支社が移転した跡地につくられ、フットサルと3人制のバスケットボールのコート、それにイベントにも使える芝生の広場が併設されています。
オープンを祝う式典では、広島市の松井市長が「広島が目指す新しいスポーツ王国を推進できる施設だ。多くの人に利用してもらって地域が発展していくことを願っている」とあいさつし、関係者がテープカットを行いました。
つづいて、フットサルのコートで地元・広島県の出身でサンフレッチェ広島のアンバサダーを務める森崎浩司さんが市内の小学生と一緒にシュートパフォーマンスを行いました。
施設を運営する会社の竹中靖社長は「地域の方に広場を使っていただいて、地域の盛り上がりにつながればいいです」話していました。
施設の営業時間は平日は午前11時から午後11時まで、土日と祝日は午前10時から午後10時までで、コートの利用や広場でのイベントの開催には施設のホームページで事前に予約する必要があります。