広島市長がベラルーシ大使と面会 “核を持たない思い共有を”

広島市の松井市長は21日、ロシアの同盟国で日本政府が制裁措置をとっているベラルーシの駐日大使と面会し、核兵器を持たないという思いを共有してほしいと伝えました。

広島市の松井市長は21日午前、離任のあいさつのために訪れたベラルーシのルスラン・イエシン駐日大使と面会しました。
ベラルーシは、ウクライナに侵攻したロシアの同盟国で、日本政府は制裁措置をとっています。
面会の中で松井市長は「それぞれの立場があると思うが、侵攻で犠牲になるのは市民だ。こういう事態が起こらないでほしいという願いは人類共通だと思う」と述べました。
その上で「戦争に勝つための最終兵器である核兵器を持たないという思いを共有してほしい」と伝えました。
これに対しイエシン大使は「ベラルーシは、これまで日本の内政に干渉したことはなく、対抗措置は今のところ予定していない。国同士で政治的なことがあっても人々の間の友好関係は途切れない」と応じました。
広島市は外務省とも協議した上で、来月6日の平和記念式典にロシアとベラルーシの代表を招待することを見送っています。