原爆小頭症の女性「戦争がない世界の実現を」

今週、核兵器禁止条約の初めての締約国会議が開かれるオーストリアのウィーンと被爆地の広島、長崎をオンラインでつないだイベントが開かれ「原爆小頭症」の女性が戦争がない世界の実現を訴えました。

このイベントに広島から参加したのは、「原爆小頭症」の人やその支援者で作る「きのこ会」のメンバーなどで3人の代表が順番に原爆ドームの前から平和や核兵器の廃絶に向けてスピーチしました。
このうち母親の胎内で被爆したことで脳の発育が妨げられて知能や体に障害がある「原爆小頭症」の川下ヒロエさん(76)は、自分でかいた原爆ドームの絵と詩の色紙を持ちながら「戦争は怖いので嫌です。戦争というものがこの世の中からなくなってほしいと思うんです。それを世界の人に聞いてほしいです」とウィーンに向けて訴えていました。
また、6歳のときに被爆した田中稔子さん(83)は英語で「私は若い仲間とともに核兵器廃絶を訴え続けていきます。今回の締約国会議で新たな力などを得て次なる展開を期待します」と決意を示しました。
イベントのあと「きのこ会」の長岡義夫会長は「少しでも世界の国の方たちに私たちの苦しみを理解してもらいたい」と話していました。