広島県 272人が感染 13日 約5か月ぶり300人下回る

広島県 272人が感染 13日 約5か月ぶり300人下回る

広島県では13日、新たに272人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表されました。
1日の発表が300人を下回るのは、およそ5か月ぶりで、感染者の減少傾向が続いています。

感染が確認されたのは、広島市で156人、福山市で32人、東広島市で26人、呉市で20人、廿日市市で10人、三原市と府中町で6人、安芸高田市と海田町で4人、大竹市と尾道市で3人、竹原市と坂町で1人のあわせて272人です。
1日の発表が300人を下回るのは、ことし1月6日以来およそ5か月ぶりで、前の週の同じ曜日を30日連続で下回り、感染者の減少傾向が続いています。
これで県内での感染確認は、のべ16万3242人となりました。