県運営機関でのセクハラ行為で男性主任主事を停職の懲戒処分

福岡県は県が運営する技能訓練機関で女子学生に対して一方的に抱きつくセクハラ行為を行ったなどとして30代の男性の主任主事を停職5か月の懲戒処分にしました。
懲戒処分を受けたのは県総務部に所属する34歳の男性の主任主事です。
県によりますと、令和2年度に、県が運営する技能訓練機関で当時、指導者として勤務していた主任主事は、女性専用のエリアに正当な理由なく立ち入り、複数の女子学生に対して独断でミーティングを繰り返した上、その年の9月ごろには、うち1人の女子学生に一方的に抱きつくなどのセクハラ行為を行ったということです。
女子学生が警察に被害届を出したことをきっかけに去年9月に発覚したということで県の聞き取りに対し、主任主事は事実を認め「学生が落ち込んでいて悩んでいる様子がみられたので励ますつもりで抱きついた。ミーティングはほかの指導者と違う形で支援したかったから行った。大変申し訳なかった」などと話しているということです。
県は18日付けでこの主任主事を停職5か月の懲戒処分にしました。
県内部統制室の光永法子室長は記者会見で、「このような不祥事が発生したことは誠に遺憾で県民の皆様に心からおわび申し上げます」と陳謝しました。