福岡県警や関係団体がテロ対策会議 大型スポーツ大会に備え

福岡県の警察や関係団体が出席してテロ対策の会議が福岡市で開かれ、ことし夏や秋に福岡など北部九州で行われる全国高校総体や自転車の国際レースなどの大型のスポーツイベントに向けて情報を交換しました。
福岡市東区の警察施設で行われた「テロ対策パートナーシップ推進会議」には警察や行政、それに交通機関や宿泊施設など44機関が出席しました。
ことしは福岡など北部九州で夏に全国高校総体、秋には自転車の国際レース「ツール・ド・九州」といった大型のスポーツイベントが行われる予定です。
会議では県警察本部の末次敏男警備部長が「多くの人の来県が予想される中、不特定多数が集まる施設やイベントなどは、テロの標的となりやすい。まち全体で対策に取り組むことが重要だ」と関係機関一体となった対応を求めました。
会議では、組織的なテロだけではなく、安倍元総理大臣が銃撃された事件や、岸田総理大臣の近くに爆発物が投げ込まれた事件のような「ローン・オフェンダー」と呼ばれる、特定の組織に属さない一匹狼型の襲撃への対策についても情報を共有しました。
さらに警察官が手をつかまれた際の対応方法といった護身術や、さすまたの使い方について説明しました。
県警察本部警備課の原口有史次席は「関係機関の方には自主警備の徹底、巡回による警戒に加え施錠や防犯カメラの設置によるセキュリティの強化をお願いしました。民間のみなさまにも、非常時、警察官が到着するまでの対応を訓練してほしい」と話していました。