福岡早良区の住宅街にサル出没 男児ひっかかれ頭に軽いけが

26日午後、福岡市早良区の住宅街にサルが出没し、小学生1人が頭をひっかかれて軽いけがをしました。
近くの別の場所でもサルの目撃情報が複数寄せられていて、市が注意を呼びかけています。
26日午後0時半ごろ、福岡市早良区梅林の住宅街で「サル1頭に子どもがひっかかれた」と警察に通報がありました。
警察によりますと、現場は福岡市南部の油山のふもとに広がる住宅街で、小学4年生の男子児童と母親が車で帰宅し、ドアを開けたところ、サルが突然、車内に入ってきて男子児童をひっかいて逃げたということです。
男子児童は頭に軽いけがをしました。
警察によりますと、近くの城南区でもサルの目撃情報が複数寄せられたということです。
福岡市では去年夏から秋にかけて、サルにかまれたり、ひっかかれたりする被害が相次いでいて、市はサルを見かけたときは目を合わせたり走って逃げたりせずにゆっくりその場から離れるほか、出没が相次いでいる地域では戸締まりを徹底し、外出する際はできるだけグループで行動するよう呼びかけています。