鹿児島本線の駅で97件 運賃約2万9000円分多く受け取る

JR九州は鹿児島本線で使われているIC窓口処理機に不具合があり5月までの4年あまり、運賃を97件、およそ2万9000円分を多く受け取っていたことがわかりました。
JR九州によりますと2020年3月2日から5月14日までの4年あまり、鹿児島本線の博多駅や久留米駅など34駅で使われているIC窓口処理機35台に不具合があり、正規の運賃より大人は300円、子どもは150円多く受けとっていたケースがありました。
こうしたケースは大人が96件、子どもが1件のあわせて97件、2万8950円分だということです。
JR九州では対象の駅でポスターを貼り出して今回のケースについて知らせるとともに、客からの申し出があった場合、ICカードの番号を確認して現金で払い戻すなどの対応をとるということです。