核のごみ処分地の文献調査「近隣自治体にも丁寧な説明を」知事

高レベル放射性廃棄物の処分地選定をめぐり、佐賀県玄海町の町長が第1段階となる「文献調査」を受け入れる考えを表明したことについて福岡県の服部知事は「国は詳細に調査し、その結果について佐賀県はもとより近隣自治体にも丁寧に説明してほしい」と見解を示しました。
原子力発電で出る高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のごみ」の処分地選定について3段階で行われる調査のうち、佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長は今月10日、第1段階にあたる「文献調査」を受け入れることを表明しました。
福岡県の服部知事は14日の定例会見で「文献調査が処分地選定に直結するものではないということを踏まえても、玄海町の脇山町長は大変難しい判断をされたと思う」と述べました。
その上で「福岡県は玄海町から半径30キロ以内に糸島市がある。住民に安心してもらうという観点で国は詳細に調査し、結果について佐賀県はもとより近隣自治体にも丁寧に説明してほしい」と述べました。