豚骨ラーメンがテーマの映画の先行上映会 陣内孝則さんが出演

福岡県発祥とされる豚骨ラーメンがテーマで、福岡出身の俳優、陣内孝則さんが出演する映画の先行上映会が、舞台の久留米市で開かれました。
先行上映されたのは、福岡県久留米市発祥とされる豚骨ラーメンの白く濁ったスープの誕生秘話を描いた映画、「すうぷ」です。
陣内さんが主人公のラーメン店の店主を演じ、久留米市内でも撮影が行われました。
12日、市内のホールで開かれた先行上映会には、市民などおよそ300人が集まり、地元の方言でテンポよく繰り広げられる物語を熱心に鑑賞していました。
このあと、会場では、陣内さんなど出演者によるトークショーが行われ、撮影の裏話や豚骨ラーメンへの思いなどが披露されると会場は笑いに包まれました。
催しのあと、陣内さんは「豚骨ラーメンが食べたくなる映画です。福岡で活躍している俳優とスタッフが結集して、全国に向けて発信しようと作り上げた映画なので、温かく見守ってほしい」と話していました。
この映画は、2月23日から福岡市内の映画館で上映され、そのあと、全国各地で上映されます。