牛肉産地偽装ふるさと納税返礼品で久留米市の食肉卸・加工業者

久留米市にある食肉卸・加工業者が昨年度、ふるさと納税の返礼品として出荷した牛肉に産地を偽装していた商品があったと会社が明らかにしました。
久留米市にある食肉卸・加工会社「タツミ商事」によりますと、昨年度、受注したふるさと納税の返礼品のうち一部の牛肉について熊本県産や宮崎県産などを「佐賀県産」と偽って出荷していたということです。
佐賀県産の牛肉の調達ができなかったことが理由だということで、NHKの取材に対し「社長の指示だった」と説明しています。
会社によりますと「タツミ商事」では5年前からふるさと納税の返礼品を扱っていて、現在は、福岡、佐賀、長崎のあわせて11の自治体の返礼品を出荷しています。
産地を偽装した牛肉を出荷した自治体数や納品した数については確認中だとしていて、「タツミ商事」加工部の石橋貞浩課長は「寄付をした人たちや関係する自治体に対し大変、申し訳なく思う。誠意を持って対応していきたい」と話しています。
一方、会社によりますとことし7月以降、この問題をめぐって九州農政局の立ち入り検査を4回、受けていたということです。