”普通免許タクシー”福岡市が国に特区の設置を要請へ

全国的に深刻化するタクシードライバー不足の改善に向けた新たな動きです。
福岡市は一定の条件を満たせば普通免許でもタクシーの乗務ができる全国でも初めての新たな制度の導入を目指し、国に特区の設置を要請する方向で調整を進めていることがわかりました。
タクシー業界をめぐっては、コロナ禍で離職したドライバーの復帰が進まないことなどから人手不足が深刻化していて、需要が回復する一方で配車が追いつかない問題が全国的に起きています。
関係者によりますと、こうした状況の改善に向け、福岡市はタクシードライバーに必要な2種免許の規制を緩和し、一定の条件を満たせば普通免許でも乗務ができる全国でも初めての新たな制度の導入を目指し、国に特区の設置を要請する方向で調整を進めていることがわかりました。
具体的な条件として、▼タクシー会社の社員であることや▼講習を受講することなどを検討しています。
乗務に必要な規制を緩和することで事業者がドライバーを確保しやすくする狙いがあり、福岡市は今後、国やタクシー業界などとの具体的な調整を進めることにしています。
国内では自家用車を使って有料で人を運ぶ「ライドシェア」の解禁に慎重な声が根強い中で新たな動きとして注目を集めそうです。