”強烈寒気” 九州でも積雪・吹雪・凍結による交通影響に警戒

強烈な寒気が流れ込み、九州の平野部でもあすにかけて10センチ以上の雪が降るおそれがあります。
気温も日中から氷点下に下がり、帰宅の時間帯は、別世界になっています。
積雪・吹雪・凍結による交通機関への影響に警戒していください。
気象台によりますと九州にもこれから強烈な寒気が流れ込んでくる予想です。
このため、きょう昼前からあすにかけて九州の広い範囲で大雪になる可能性が高くなっています。
あすの朝までの24時間に降る雪の量は、福岡県と大分県の山沿いで30センチ、佐賀県、長崎県、熊本県の山沿いで25センチ鹿児島県の山沿いで20センチの予想です。
また、九州北部の平野部で15センチ鹿児島県の平野部で10センチの予想で、めったに雪が降らない地域でも積雪するおそれがあります。
また、きょうは風も強まり、昼前からは九州の広い範囲で最大瞬間風速が30メートルから35メートルに達する暴風が吹いて吹雪になるおそれがあります。
福岡県・長崎県佐賀県・大分県熊本県の一部には暴風雪警報が出ています。
さらに、寒気が非常に強いためきょうは日中も気温がどんどん下がります。
福岡市の午前5時の気温は6度でしたが、午前9時の予想は3度、正午には0度になり、午後3時にはマイナス2度に下がる予想です。
夕方までには九州のほぼ全域で気温が氷点下になる予想です。
帰宅の時間帯は、いまとは別世界になり、平野部でも積雪・吹雪・道路の凍結で交通機関に大きな影響が出るおそれがあります。
きょうはできる限り外出を控えてください。
特にノーマルタイヤの車で出かけるのは非常に危険です。
外出が避けられない場合は、きょうの午後以降は、帰宅が困難になっても大丈夫な対策をお願いします。