九州北部「冬らしい冬に」 気象台 来月からの3か月予報

気象台は22日、12月から来年2月にかけての3か月予報を発表しました。
九州北部は寒気の影響を受けやすく、平均気温が平年並みか低くなる見込みで、「冬らしい冬になりそうだ」としています。
福岡管区気象台よりますと、九州北部の12月から向こう3か月間の冬の平均気温は、「平年並みか低い」見込みで、月別では12月と来年2月は「ほぼ平年並み」ですが、1月は「平年並みか低い」と予想しています。
この理由について、南米沖の海面水温が平年より低くなる「ラニーニャ現象」が冬の半ばまで続く可能性が高く、その影響で日本付近では偏西風が南に蛇行し、大陸からの寒気が流れ込みやすくなるためとしています。
一方、3か月間の降水量は、低気圧や前線の影響を受けにくいため「平年並みか少ない」見込みで、月別では12月は「ほぼ平年並み」来年1月と2月は「平年並みか少ない」と予想しています。
気象台は「ことしの冬は『冬らしい冬』になる。特に1月は平年よりも寒さが厳しくなる可能性があり、体調管理や農作物の管理に気をつけてほしい」と呼びかけています。