福岡市長選開票終了 高島氏が4回目当選

現職と新人の3人による争いとなった福岡市長選挙は、無所属で現職の高島宗一郎氏(48)が4回目の当選を果たしました。
福岡市長選挙は開票が終了しました。
▼高島宗一郎 無所属・現 当選 32万9606票。
▼田中慎介 無所属・新 9万6408票。
▼熊丸英治 無所属・新 9423票。
現職の高島氏が、立憲民主党、国民民主党、社民党が推薦した元市議会議員の田中氏ら新人2人を抑え、4回目の当選を果たしました。
高島氏は大分市出身の48歳。
九州朝日放送のアナウンサーを経て、12年前の福岡市長選挙で初当選しました。
選挙戦で高島氏は、福岡市中心部の天神の再開発事業を進めたことなど3期12年の実績をアピールするとともに、子どもが多い世帯の負担軽減など子育て支援や、経済の復活に取り組むと訴えました。
そして、自民党や公明党の市議団などの支援も受け、両党の支持層を固めたほか、いわゆる無党派層などからも幅広く支持を集めました。