動画で記録 ベトナム人留学生「鎖で拘束された 今でも怖い」

この事件で鎖で拘束されたとされるベトナム人留学生の男性は当時の状況について「動物を捕まえるように鎖でつながれることはありえない。今でも怖い」と話しています。
ベトナム人留学生のチャン・マウ・ホアンさんは、(22)車のエンジニアを目指して2020年に来日し、2021年1月から西日本国際教育学院で日本語を勉強していました。
チャンさんによりますと学校では日本語を十分に教えてもらえず、別の学校に転校したいと考えベトナムに帰るとうそをついて退学を申し出たということです。
その後、学校から身分証や在留カード、パスポートを提出するよう言われ、拒否して逃げようとすると職員に鎖でつながれおよそ3時間半拘束されたということです。
チャンさんは当時の様子をスマートフォンで撮影していて映像には職員とみられる男性が男性とチャンさんのベルトどうしを鎖でつなぎ、南京錠をかける様子が写っていました。
通訳によりますと当時の状況についてチャンさんは「動物を捕まえるように鎖でつながれることはありえない。今でも怖い」と話しているということです。
周囲にはほかの職員もいたということです。