西九州新幹線 あす開業 佐賀 武雄温泉〜長崎 

佐賀県の武雄温泉と長崎を結ぶ西九州新幹線が23日開業します。
計画開始から半世紀が経った新幹線の開通で、地域を活性化できるかが焦点になりそうです。
JR九州は佐賀県の武雄温泉駅と長崎駅の66キロの区間を結ぶ西九州新幹線をあす開業します。
車両は「N700S」を採用した白と赤のカラーを基調とする「かもめ」で、この区間を最速23分で結びます。
23日は一番列車が午前6時17分に長崎駅を、午前7時3分に武雄温泉駅を出発し、沿線の嬉野温泉、新大村、それに諌早の各駅でも、記念の式典や出発式が行われます。
計画開始から半世紀が経った新幹線の開通で、沿線では集客効果を見込んだ再開発も進んでいます。
ただ、西九州新幹線をめぐっては、国の整備計画で示されている博多方面とを結ぶ区間について、在来線の扱いや費用負担などの面から佐賀県が懸念を示し、計画は進んでいません。
新幹線の開業後、博多駅から長崎駅に向かう場合は在来線特急に乗ったあと武雄温泉駅で新幹線に乗り換える必要がありますが、今回の開通で観光需要などを生み出し、地域の活性化につなげられるかが課題となりそうです。