福岡県内の交通機関の影響(午後6時時点)

台風14号の接近に伴う午前6時時点の交通機関への影響です。
【新幹線】
きょう、九州新幹線は全線で、山陽新幹線は博多と広島の間、それに博多南線で始発から運転を見合わせています。
あすは、山陽新幹線、九州新幹線ともに始発から運転を始めるということですが、大幅な遅れなどが発生する可能性があるということです。
【JR特急】
特急列車と観光列車、それに在来線は、県内全域で始発から運転を見合わせています。
あすも一部で始発から運転を見合わせる可能性があるということで、JR九州は最新の情報を確認するよう呼びかけています。
【西鉄】
西日本鉄道によりますと、天神大牟田線、太宰府線、甘木線ではきょう午後4時ごろから貝塚線はさきほど午後6時ごろから運転を再開しました。
【地下鉄】
福岡市交通局によりますと、福岡市地下鉄はきょうは始発から運転を見合わせていましたが午後3時半ごろから全線で順次運転を再開しています。
【その他】
筑豊電気鉄道は現在は運転を見合わせていますが、あすの運行状況は現時点では未定であすまでに見通しを発表するとしています。
甘木鉄道は現在は運転を見合わせていますが、あすは上下線ともに始発から全線で通常運行を予定しているということです。
平成筑豊鉄道は現在は全線で運転を見合わせていますが、あすも始発から全線の運転を見合わせ、昼ごろから運転を再開する見込みです。
【高速バス】
西鉄の高速バスはあすは通常通り運行予定ですが、あすの朝に最終的な判断をするということです。
【路線バス】。
県内の路線バスは、午後2時から一部の路線を除き運転を再開しています。
【空の便】
日本航空やジェットスターなどは、きょう九州各地を発着する多くの便で欠航を決めていますが、あすも一部の便で欠航や大幅な遅れが見込まれるということです。
また、全日空は、あすの午前中まで、九州各地を発着する多くの便で欠航を決めています。
あすの昼からは通常運行の予定です。
各社はホームページなどで最新の情報を確認するよう呼びかけています。