台風14号 あすにかけ九州に上陸のおそれ(7時推定位置)

大型で非常に強い台風14号は、奄美地方と種子島・屋久島地方の一部を暴風域に巻き込みながら北上していて、あすにかけて九州にかなり接近し上陸するおそれがあります。
気象台は、奄美地方を除く鹿児島県に暴風と波浪、高潮の特別警報を発表し、今後、九州北部にも出される可能性があります。
また、大分県と宮崎県には大雨特別警報も出される可能性があり、気象台は最大級の警戒を呼びかけています。
気象庁によりますと、大型で非常に強い台風14号は、きょう午前7時には屋久島の南南東140キロの海上を1時間に20キロの速さで北北西へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心の北東側185キロ以内と南西側165キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
現在、奄美地方と種子島・屋久島地方の一部が暴風域に入っているほか、九州の全域が風速15メートル以上の強風域に入っています。
台風の接近にともなって屋久島町尾之間では午前3時半に39.5メートル、鹿児島市では午前2時半すぎに30.4メートルの最大瞬間風速を観測しました。
午前6時までの1時間には、宮崎県が椎葉村に設置した雨量計で38ミリ、鹿児島県が屋久島町に設置した雨量計で35ミリの激しい雨を観測しました。
これまでの雨で鹿児島県では土砂災害の危険性が非常に高まり「土砂災害警戒情報」が発表されています。
台風はこのあと北上を続け、あすにかけて九州にかなり接近して上陸するおそれがあります。
気象台は経験したことのないような記録的な暴風、高波、高潮のおそれがあるとして、奄美地方をのぞく鹿児島県に暴風と波浪、それに高潮の特別警報を発表しています。
これらの特別警報は今後、九州北部にも出される可能性があり数十年に一度しかないような大規模な災害の発生に最大級の警戒が必要です。
きょう予想される最大風速は奄美地方と九州南部と北部で50メートル、最大瞬間風速は奄美地方と九州南部と北部で70メートルと予想されています。
海上はうねりを伴って波が高く、九州南部で14メートル奄美地方と九州北部で12メートルの猛烈なしけとなる見込みです。
さらに、台風周辺の湿った空気が流れ込むため、九州南部と北部ではあすにかけて発達した雨雲が次々と連なる「線状降水帯」が発生し、災害の危険度が急激に高まる可能性があります。
特に大分県と宮崎県では大雨特別警報が出される可能性があります。
きょう大分県、宮崎県、鹿児島県では多いところで1時間に80ミリの猛烈な雨が降ると予想されています。
あす午前6時までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで宮崎県で600ミリ、鹿児島県で500ミリ、熊本県と大分県で400ミリと予想されています。
気象台は、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するなど、命を守る行動を呼びかけています。