スポーツの課題 企業・プロチームと連携し解決を 福岡大学

福岡大学は企業、それにプロチームなどと連携しながら指導者や施設の不足といったスポーツをめぐるさまざまな課題の解決を目指すことになりました。
福岡市城南区の福岡大学で開かれた会見には大学、企業、それにサッカーJ1のアビスパ福岡といったプロチームなどの代表者が出席しました。
会見では、スポーツをめぐるさまざまな課題を解消するため、スポーツに取り組む学生が小学校などで指導にあたり、指導者の不足に対応すること大学の施設の利用率を踏まえ空き時間には外部の人に活用してもらって施設の不足を緩和するなどの対策が示されました。
会見の現場には陸上の東京オリンピック代表兒玉芽生選手など卒業生や福岡ゆかりの選手たちが招かれ、記念写真に収まりました。
福岡大学の朔啓二郎学長は「大学の施設や人材を活用してスポーツによる活気あふれるまちづくりを目指したい」と話しました。
アビスパ福岡の川森敬史社長は「スポーツのチームは地域貢献の理念はある。大学などと連携し積極的に取り組みたい」と話していました。