篠栗町5歳男児餓死事件で検察が「ママ友」に懲役15年求刑

おととし、篠栗町で5歳の男の子が餓死した事件で、母親とともに保護責任者遺棄致死の罪に問われているいわゆる「ママ友」の裁判で、検察は「母親を心理的影響下に置き、保護責任を果たすことを相当困難にした」などとして、懲役15年を求刑しました。
一方、「ママ友」は、「すべて母親の責任だと思う」と述べて、無罪を主張しました。
篠栗町の赤堀恵美子被告(49)は、幼稚園を通じて知り合った碇利恵被告(40)と共謀し、おととし、碇被告の3男の翔士郎くん(5)に十分な食事を与えず餓死させたなどとして保護責任者遺棄致死の罪に問われているほか、碇被告から生活保護費や児童手当などあわせておよそ200万円をだまし取ったなどとして詐欺や窃盗の罪に問われています。
きょう福岡地方裁判所で開かれた「ママ友」の赤堀被告の裁判で、検察は「架空のママ友どうしのトラブルなどうその話を通じて母親を心理的影響下に置き、保護責任を果たすことを相当困難にした」と主張しました。
その上で「被告による生活支配がなければ事件は起きなかった。幼い5歳の男の子に空腹という苦痛を与え、むごいしうちとしか言えない」などとして、懲役15年を求刑しました。
一方、弁護側は「母親は、赤堀被告側から提供された食事の量に不満を述べるなどしていて生活全般を支配されていたとはいえない。被告の責任が重くなればみずからの罪が軽くなるという母親の特別な立場を念頭に置く必要がある」などと述べ、改めて無罪を主張しました。
最後に赤堀被告は「お金をだまし取ったことはないし、生活が苦しいと言われて一生懸命助けていたつもりでした。私なら、病院に連れていったと思います。すべて母親の責任だと思います」と述べました。
判決は今月21日に言い渡されます。
この事件では福岡地方裁判所が、ことし6月、母親の碇被告について「赤堀被告に心理的に支配されていた」と認定し、懲役10年の求刑に対して懲役5年の判決を言い渡しています。