北九州の母娘刺傷事件 はねられ死亡は東京の17歳少年

13日夜、北九州市小倉北区の住宅で母親と娘が刺されて大けがをした事件のあと、近くの線路で列車にはねられて死亡した男性について、警察は東京の17歳の少年だと明らかにしました。
警察は事件との関連について捜査を進めています。
おととい午後10時前、北九州市小倉北区高尾の住宅でこの家に住む37歳の母親と高校1年生で15歳の娘が玄関付近で刺されて大けがをしました。
警察によりますと、母親は「帰宅した時に家の中から若い男が出てきて刃物で刺された」などと話していて殺人未遂事件として捜査しています。
事件の通報のおよそ20分後、現場から600メートル余り離れたJR南小倉駅の近くでは、男性が線路で列車にはねられて死亡する事故が起きていて、警察は関連を調べていますが死亡したのは東京・葛飾区に住む17歳の少年だと明らかにしました。
死亡した少年は灰色の半袖のシャツを着ていたということですが、事件現場から逃走した若い男の特徴について母親も「灰色の半袖のシャツを着ていた」と話しているということで警察はさらに詳しく調べることにしています。
一方、事件現場の近くに住む男性は、NHKの取材に対し事件当時、高校生の娘が助けを求めてきたとした上で「『SNSで知り合った人に刺された』などと言っていた」と話しています。