福岡県 あす昼前にかけ大雨のおそれ 土砂災害など注意・警戒

低気圧や前線の影響で、福岡県内ではあす昼前にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。
気象台は、土砂災害などに注意・警戒するとともに、最新の気象情報を確認するよう呼びかけています。
福岡管区気象台によりますと、日本海の低気圧からのびる前線があすにかけて南下してくる見込みです。
この前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、福岡県ではきょう昼過ぎから筑後地方などで雨が降り始め、あす昼前にかけて局地的に雷を伴った激しい雨が降るおそれがあります。
きょうからあすにかけて、1時間に降る雨の量は、多いところで40ミリと予想されています。
また、あす正午までの24時間では、いずれも多いところで、筑後地方で150ミリ、福岡、北九州、筑豊地方で120ミリと予想されています。
気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に注意・警戒するとともに、最新の気象情報を確認するよう呼びかけています。
また、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
急に周囲が暗くなったり冷たい風が吹いたりするなど、発達した積乱雲が近づく兆しがある場合は建物内に移動するなど安全を確保してください。