博多港 国内クルーズ船受け入れ再開へ 福岡市が調整

博多港では新型コロナの影響でクルーズ船の受け入れを見合わせていますが、福岡市は国内船にかぎって再開する方向で調整しています。
博多港は、全国でも有数のクルーズ船の寄港地として利用されていましたが、新型コロナの感染拡大を受けて、おととし2月から国内外からのクルーズ船の受け入れを見合わせています。
しかし、感染状況が落ち着いてきたことなどを踏まえ福岡市は、国内のクルーズ船にかぎって受け入れを再開する方向で調整を進めています。
市は近くクルーズ船内の感染対策など必要な条件をまとめた上で船会社などと博多港に寄港する時期などについて協議することにしています。
九州・沖縄では多くの港ですでに国内のクルーズ船の受け入れを再開していて、博多港でも早ければ秋ごろにも再開される可能性があります。
一方で、福岡市は博多港で海外からのクルーズ船の受け入れを再開する時期については未定だとしています。