篠栗町5歳児餓死事件の母親に検察が懲役10年を求刑

篠栗町でいわゆる「ママ友」だった知人のうそを信じ、当時5歳の3男に十分な食事を与えず餓死させた罪に問われている母親の裁判で、検察は「子どもを守るという最低限の行動を放棄した。被害者が受けた絶望感は察するに余りある」として、懲役10年を求刑しました。
一方、弁護側は執行猶予のついた判決を求めました。
福岡県篠栗町の碇利恵被告(40)は、いわゆる「ママ友」だった赤堀恵美子被告(49)から伝えられた架空のトラブルやうそを信じるなどして生活全般を支配され、おととし4月、3男の碇翔士郎くんの(5)食事の量や回数を減らし餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われています。
きょうの裁判で検察は「母親として子どもの生存を第一に担う立場でありながら子どもを守るという最低限の行動を放棄した。愛情からかけ離れたむごい仕打ちは強く非難されるべきで、被害者が受けた苦しみ、悲しみ、絶望感は察するに余りある」と主張しました。
そして「主犯は知人の赤堀被告」と述べた上で「赤堀被告のうそには裏付けがなく、容易に見破ることができたはずなのに信じたのは安易というほかなく責任を大きく減ずるべきではない」として碇被告に懲役10年を求刑しました。
一方、弁護側は「赤堀被告による強固な心理的支配で行動の選択が狭められていた」などとして執行猶予のついた判決を求めました。
最後に碇被告は「心から悔やみ本当に反省しています。翔士郎を失ったことは私にとって何よりもつらく悲しいことですが、翔士郎が亡くなったのは私の責任です。翔士郎に伝えたいです。翔、ごめんね」などと述べました。
判決は今月17日に言い渡されます。