篠栗町で5歳児餓死させた罪の母親 初公判で起訴内容を認める

おととし篠栗町で当時5歳の3男に十分な食事を与えず餓死させたとして、知人の女とともに保護責任者遺棄致死の罪に問われている母親の初公判が開かれ、母親は起訴された内容を認めました。
篠栗町の碇利恵被告(40)は、知人の赤堀恵美子被告(49)とともに、碇被告の子どもたちに与える食事の量や回数を減らし、おととし4月、3男の碇翔士郎くんを(5歳)自宅で餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われています。
きょう母親の碇被告の初公判が福岡地方裁判所で開かれ、碇被告は起訴された内容を認めました。
検察は冒頭陳述で「“ママ友”だった赤堀被告に『夫の浮気調査や裁判に勝つために質素に生活しなければいけない』などとうそをつかれ、食事を制限されるなど生活全般を実質的に支配されていた。うそを安易に信じ、被害者の低栄養状態を認識しながら、十分な食事を与えなかった」などと主張しました。
一方、弁護側は赤堀被告から捜査機関が確認できただけでも1370万円あまりの現金を奪われ、赤堀被告から差し入れられたわずかな食料を3人の子どもたちと分け合って生活していたとし「赤堀被告のうそを信じ込み、ゆがんだ心理的現実をもとに行動していた被告は、当時の理解不能な行動に今でも苦しんでいる。マインドコントロールは誰しも陥るもので、全てを失った被告に重い実刑を科すのは相当ではない」と主張しました。
その後、碇被告は弁護士から赤堀被告と出会った当時の印象を問われ「話が面白くて、明るくて言うことに筋が通っていると思った。ほかのママ友とはタイプが違った」と述べ、朝から晩まで毎日、LINEでやりとりをしていたと明らかにしました。
弁護士によりますと、分離して行われる赤堀被告の裁判はことし8月に開かれる見通しで、起訴された内容について否認しているということです。