尿漏れパッド捨てるサニタリーボックス男性トイレに  古賀市

これまで女性用トイレのみに設置してきたサニタリーボックスについて、古賀市は、男性用トイレにも設置する新たな取り組みを始めました。
前立腺がんの影響などで尿漏れパッドを使っている人たちが、処理方法を心配せずに気軽に外出できるようになると期待されています。
古賀市は今月、市役所や図書館など公共施設にある男性用トイレの個室50か所に尿漏れパッドを捨てるためのサニタリーボックスを設置しました。
泌尿器の専門家によりますと、前立腺がんの手術の後などに尿漏れパッドを使う人は多く、個室にサニタリーボックスを設置することで、外出先でも人目を気にせずに処理できるようになることが期待されるということです。
古賀市の渋田倫男保健福祉部長は「誰もが利用しやすい公共の施設を目指したい」と話していました。
古賀市の取り組みについて、日本泌尿器科学会の前の理事長で原三信病院の内藤誠二名誉院長は「現状では男性用トイレにサニタリーボックスはほとんどないので、行政が中心になって進めれば関心が高まり、周りの理解も高まる。外出先でも気兼ねなく交換できる安心感があるという面では、患者にとってありがたいことだと思う」と話していました。