同時流行に備えて県民に周知へ

新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、福岡県医師会は発熱などの症状が見られる人が混乱しないようにしようと、受診の際の対応例をまとめたパンフレットを作り、周知を図ることになりました。
これは福岡県医師会が定例会見で明らかにしたもので、パンフレットでは発熱やけん怠感の症状が見られる人の対応例がかかりつけ医がある人とない人に分かれて示されています。
このうちかかりつけ医がある人は、まずは事前に電話で相談して医師の指示のもとで診察やウイルス検査を受けてほしいとしています。
かかりつけ医で検査ができない場合は紹介された別の医療機関で検査を受けることを呼びかけています。
一方、かかりつけ医がない人は、まず保健所に連絡した上で紹介された医療機関を受診し、必要に応じて検査を受けてほしいとしています。
県医師会は、今回作成したパンフレットを県内すべての医療機関に配布するとともに、同じ内容を医師会のホームページに掲載して県民への周知を図ることにしています。
県医師会は、「今後のインフルエンザの流行に備えて、医療機関としても必要な人に十分な検査ができる体制を整えていきたい」としています。