医師会“陽性者はホテル療養を”

福岡県内で新型コロナウイルスの感染が急速に拡大していることを受けて県医師会が30日臨時の記者会見を開き、軽症や無症状の若い世代の感染が多いことを念頭に、「感染を拡大しないためにPCR検査で陽性となった場合は自宅ではなくホテルで療養してほしい」と訴えました。

福岡県では29日、新型コロナウイルスの感染者数が101人と初めて100人を超えて1日の感染者数の最多を更新し、感染が急速に拡大しています。
こうした状況を受けて県医師会が臨時の記者会見を開き、接待をともなう飲食店が再開した先月の終わりごろや今月半ばを起点として県内の感染者数が大幅に増えていることを説明しました。
その上で、全国の傾向と同様に感染者の多くが若い世代で軽症や無症状の人が多いとし、このままでは今後、必ず中高年にも広がり重症化する患者が増えるおそれがあるとの懸念を示しました。
福岡県内では29日の時点で200人あまりの感染者が自宅療養などとなっていることから、松田峻一良会長は「個々の事情があることはわかっているが、これ以上感染を広げないために検査で陽性となった人は可能な限りホテルで療養するようにしてほしい」と訴えました。
軽症や無症状の人は現在、福岡市のホテル1か所が受け入れを行っていますが、県医師会によりますと新たに市内のもう1つ別のホテルが受け入れを始める予定だということです。