「漫画村」で1億超の広告収入か

海賊版サイト「漫画村」をめぐる著作権法違反事件で、元運営者らが漫画村などのサイトの運営で1億円を超える広告収入を得ていた疑いのあることが捜査関係者への取材でわかりました。
人気漫画などを違法に掲載していた海賊版サイト「漫画村」をめぐり、警察はサイトの運営に関わったとして東京・中野区のアルバイト、藤崎孝太容疑者(26)と東京・府中市の派遣社員、伊藤志穂容疑者(24)の2人を著作権法違反の疑いで10日、逮捕し、11日、身柄を検察庁に送りました。
警察は、2人のほかに、サイトの運営で中心的な役割を果たしたとされ、現在、フィリピンで身柄を拘束されている星野路実容疑者(27)についても逮捕状を取っていて、日本に移送され次第、逮捕する方針です。
警察は、これまでに、星野容疑者の自宅や関係先を捜索してパソコンなどを押収し、サイトの運営の実態について調べていますが、星野容疑者らが漫画村などのサイトを運営し、サイトに掲載する広告から1億円を超える収入を得ていた疑いのあることが捜査関係者への取材でわかりました。
漫画村は、閉鎖される直前の去年3月には月間のアクセス数がのべ1億7000万回に及んでいて、警察は人気漫画を違法に掲載して多くのアクセスを集めることで多額の広告収入を得ていたとみて捜査しています。